日本のスマートフォンのシェアを見ると圧倒的にアップルのiPhoneシリーズが強いことが分かります。そのシェアは最新のものでおよそ7割もの人が使っているというのですから驚きです。世界中で見てもここまで偏った数字になっているのは日本だけではないでしょうか。これによりアップルは今後日本市場をかなり意識して新型を開発していくこととなるでしょう。しかしどうしてここまでiPhoneユーザーが増加したのでしょうか。日本人は割りと流行に流されやすいという面を持っていますが、それにしてもここまでシェアが偏るということは滅多にありません。私はその一番の理由にアプリがあると考えています。Androidアプリと比較するとiPhoneアプリは公開する為には厳しい審査を抜ける必要があり、不正アプリは公開することが出来ません。これによりAndroidアプリで実際にあった個人情報の抜き取りという犯罪が起こらないというメリットがあります。日本人は海外の人に比べて個人情報についてかなり強い危機感を持っていますので、これとマッチしたということが出来るのではないでしょうか。