自賠責保険という保険は正式名称で自動車損害賠償責任保険と呼び通称自賠責保険と言われる保険です。このような自賠責は別名強制保険と呼ばれ、愛車を車検に出す際は決められた車検期間に自賠責保険に入っていなければなりません。わかりやすく言えば、すべての車に加入が義務づけられている保険です。それではその車に自賠責保険が付いた状態で手放した場合はどうなるか考えてみたいと思います。自動車損害賠償責任保険は車検の際に更新されるケースがあるものですが、もし強制保険に加入した自動車を売ったケースでは、その金額が戻ってくるという事例はないと思います。なぜならば、自賠責保険の効力を抹消して保有者に移すことは結構面倒なのです。そのため、自動車損害賠償責任保険の場合は、名義変更をして自動車と一緒に渡すということが一般的です。しかしながらそれと同等の金額を買取金額に乗っけてくれます。自賠責保険というのは自動車税と違って既に納めた金額を月単位で割り算した額が返金されるのではなく見積額に上乗せというような手段を使うケースが一般的なのですがこういったことが査定表に掲載されるようなことはほとんどありません。ですので買取時は強制保険を考慮した金額が査定額に入っているかをチェックしたほうがいいでしょう。あなたが支払った保険料がどの程度の金額かを知っておけば見逃すことはないでしょう。その自賠責保険の保険料に関しては加入していた期間により変わってくるものなので、注意しましょう。車の廃車の際には自賠責の名義書き換えをしましょう。これを忘れていたら保険会社よりあなた宛てに自賠責の満期お知らせが来てしまいます。あなたの車がより正確に判断され高く評価されることを応援したいと考えています。