釣りをしてる人が考えることの1つに、ウキの形状があると思います。ドングリウキを使うか、棒ウキを使うかの選択です。一般的にはチヌ釣りなどは棒ウキが良いとされていますが、別にドングリウキでも同じように釣れる事は間違いありません。 流れのほとんどないを湾内の場合は棒ウキが適していて、潮にに乗せながら流していく釣りの場合はドングリウキが良いという考え方が一般的です。ですが、結局はどのウキを使うかというのは人の好みになってくるのではないかと思うのです。 私の場合は、強風になってしまうと釣りにならないため、ドングリウキに重りを貼って、水面ギリギリのシブシブ状態で釣りをすることがあります。というより、風が強い時にウキを大きく浮かせていては、どんどん流されていってしまいます。 時にはウキの浮力よりも重い重りをつけて、ドングリウキ自体を沈め気味に調節することもあります。そうなれば魚がヒットしてもウキに反応が出たことを自分で確認することができません。それでも、風で流されていくよりはまだましだと考えます。魚がヒットしないと次に進まないので、無理にでもヒットさせる方法が必要になってくると思うのです。