我が家には、6歳になるトイ・プードルがいます。体重は2キロですが、もう大人なのに何処に行っても「かわいい子犬ね」と言われています。小さいのが関係しているのかわかりませんが、我が家の犬は寒がりです。童謡の歌詞に「犬は喜び庭駆け回り、猫はコタツで丸くなる」とあります。我が家は常にブランケットの上や人間のひざの上で丸くなっています。丸くなるのはネコなのにと笑っていますが、お友達に聞くと実はほとんどの家の犬も寒がりだとわかったのです。どうも、犬種によって寒さに強い犬と弱い犬があるそうです。トイ・プードルは寒さに弱い犬のほうです。どおりで、散歩に行くと喜ぶのですが、早く帰りたいようで、用を足したら家に一目散です。もう少し暖かくなったら、家に入りたがらなくなると思います。今のこの季節は、家の中でのんびりブランケットの上か、陽が差し込むような時は気持ちよさそうに日向ぼっこをしています。自分の好きなおもちゃを近くに置いてお昼寝をしている姿は本当にかわいらしいです。