私は、大学生の頃に自動二輪中型の免許を取りました。普通自動車の免許を先に取得していれば免除される項目もあったのだから、普通自動車の免許を先に取れば良かったのに、カタログをみている内に、バイクにどうしても乗りたくなってしまいバイクの免許を先に取得してしまいました。 人生生まれてはじめてのバイクでした。バイクの総合カタログを見ては悩みつづけました。悩みとはいえ、こんなにわくわくする悩みは、もう随分と月日が経ったのに、そう見かけません。若い頃の特権です。貧しいことが、却って気持ち的に豊かでした。 ある日、訪ねたバイク屋さんで新古品のエストレアを見つけました。オレンジでぴかぴかと輝いていました。その美しさに一目惚れしてしまい、その場で購入することを店員さんに告げました。社会経験を重ねた今ならわかりますが、初心者丸出しの私の接客をするのは、店員としてみたらやりがいがあったことでしょう。バイクの魅力をとことん説明できるのですから。そして、初心者ですから、うんうんと素直に聞いてくれるのですから。