仕事の関係の方に「小説の書き方について教えてくれ」といわれました。エポスカード

小説は文章を書く方なら、他人が読んで面白いかどうか、売れるものかどうかは別として、自己流の書き方で誰でも書けると思っているので、ちょっと困ってしまいます(^_^;) おそらく天才肌の作家さんは、頭から、後ろから、トリックから、などとある一部分から書き始めて、一気に書いてしまうのではと想像しています。

それから売れる小説を書ける方は、キャラクター設定とプロットがうまいです。

これは間違いないと思います。

ちなみに私はこのどちらでもないので、相当素人だということがわかります(^_^;) どのみちプロットはいつかは立てなければなりません。

ですが、私はどうも頭からプロットを考えるのが苦手。

書きたい場面をいくつも書きためてから、辻褄合わせのためにプロットを立て、矛盾した部分を削ったり書きなおしたりするというやり方です。

お気づきの通りボツ部分が大量になるのでとても効率が悪く、おすすめはできません(^_^;) 。